【無料版】White Bear Z USDJPYの真の実力を検証してみた

ホワイトベアーシリーズの最高峰White Bear Z USDJPY。実は、TRADERS-proで無料で使えてしまいます。この無料版Whiter Bear Z USDJPYに厳しめのバックテストを実施しました。

条件の厳しい海外口座でもこのまま安定的な実績を残すことができるものか…?バックテスト結果を分析してみることにしました。

広告

White Bear Z USDJPYの特徴

White Bear Z USDJPYは、アジア・オセアニアセッション(日本時間早朝)にエントリーする、一般に「朝スキャ」に分類されるEAです (エントリー時間帯: 3:30~8:00)。

長期間のフォワード実績を持つ高精度なトレンドフィルターでトレンドの判定を行い、5分足で逆張りにエントリーします。

この無料版(トレプロ版)は、White Bear Z USDJPYを基に、TitanFX【スタンダード口座】用に調整したものです。

 

EAのさらに詳しい情報は、下記のページも参考にしてください。


当実験室のフォワード成績は、トレーダーズプロで無料で使用できるEAをTitanFXスタンダード口座にて稼働させた実際の結果(リアルフォワード)です。EAの設定は、すべてデフォルト設定で稼働させてます。 

 

White Bear Z USDJPYに対して厳しめのバックテストを実施

当実験室では、海外FX口座(TitanFXスタンダード口座)を用いてEAを稼働(フォワード計測)しているため、通常のバックテストで用いるスプレッドに比べて、極めて厳しい数値を採用しています。

万が一、この厳しい環境下で収益を積み上げられる稀有なEAは、かなり期待していいのではないでしょうか?

スプレッド耐性の低いEAにとっては、相当厳しい環境下でのバックテスト結果となっています。国内FX口座を想定した低いスプレッド(1pips未満)でバックテストを実施するとまったく異なる結果となります。

この点を踏まえた上で、下記のバックテスト結果を参考にしてください。

MT4によるバックテスト結果

 

バックテスト時スプレッド:1.5Pips

バックテスト期間:2005.01.03 – 2018.12.15(13年11ヶ月)
ヒストリカルデータ:DUKASCOPY(デューカスコピー)

 

損益合計:750.4pips
プロフィットファクター:1.08
最大ドローダウン:1168.1pips
総取引回数:2120回
平均利益:6.12pips
平均損失:-16.62pips
最大利益:7pips
最大損失:-56pips
勝率:82.22%
月平均損益:4.49pips

 

スプレッドが1.5pipsの厳しい条件下において、やはり短時間で売買を行うスキャルピングEAには、相当厳しい条件であることが分かります。
しかし、この厳しい条件下でもプラス収支に持ってきているのは、さすがに不動の人気を誇る白熊シリーズだと言わざる得ないですね。続いてQuant Analyzerで詳しく見ていきたいと思います。

 

Quant Analyzerによる詳細な分析

MT4で実施したバックテストをQuant Analyzerを用い、より詳細に分析した結果を見ていきます。

年度毎の収益

 

 

 

2010年が大きく落ち込んでいますが、その他の年では、プラス収支もしくは微損で安定していることが分かります。(8勝6敗)

ただ、せっかく稼働させるのであれば、収益性を重視したいと思いますので、詳しく分析していきたいと思います。

曜日毎の分析

続いて、曜日毎の成績を確認していきます。

 

 

月曜日と火曜日の週はじめのエントリーが苦手なようです。

苦手を克服するために、さらに詳しくロング(買い)ポジションとショート(売り)ポジション毎でのエントリーを見ていきたいと思います。

 

ロング(買い)エントリー

ショート(売り)エントリー

ロングエントリーで負けやすい月、水、ショーとエントリーでは月、火曜日のエントリーを克服(コントロール)できれば、勝てる可能性も相当高まるのでは?と逆に期待させられる結果ですね。

いずれにしても実践では、週初めの朝スキャにとっては、月曜日は扱いづらいので、月曜日は、稼働停止しておくのが良さそうですね。

 

エントリー時間帯別の分析

続いて、エントリーの時間帯毎の成績を確認していきます。

朝スキャのため日本時間の3:30~8:00と短期間でエントリーされていることが分かります。この結果を見る限り、23時台と0時台のエントリーのみに制限すればさらに結果が安定しそうに感じますが、ロングエントリーとショートエントリーのそれぞれを見ていきたいと思います。

ロング(買い)エントリー

ショート(売り)エントリー

ロング、ショートともに0時台を得意とするようですね。

曜日毎のエントリー分析等も踏まえて、エントリー数は、かなり少なくなりますが、月曜日は稼働停止にしつつ、0時台のみ稼働してエントリー精度を重視する戦略もありだと思われます。

EAのエントリーを制限するには、下記のツールが便利です。
いろいろ条件でMT4を停止・再開!
スプレッドフィルタ、時間帯フィルタによりEA停止・再開を自動で行います!ポジションの同時決済も可能!
スプレッドフィルタ、時間帯フィルタによりEA停止・再開を自動で行います!ポジションの同時決済も可能!?|?fx-on.com

 

いずれにしてもスキャルピング系でありつつ、スプレッドの厳しい条件のバックテストでプラス収支に持ってこれているは素晴らしいですね。ゴゴジャンの販売サイトでも人気だというのは納得です。

 

リアル口座で本当に勝てる強いEAを、お探しの方は、下記にまとめていますので、ご参考まで。

関連記事

更新日:2019/2/8FXを始める理由は、ただ一つ「資産を増やしたい」に尽きるかと思います。ある程度の利益を上げれないことには、FXのトレードが楽しめなく、全然面白くないですしね。月に数百万円を稼ぐ、MT4自動売買の勝ち組トレーダーの道へ[…]

【FX自動売買】本当に強い!勝ち組トレーダー定番EAおすすめ 6選

 

実験室では、引き続き、White Bear Z USDJPYをフォワードテストにより実力計測を行っています。

 

興味を持たれた方は、ぜひ下記の実践中のデータもチェックしてみて下さいね。

関連記事

White Bear Z USDJPY統計データバックテストの結果は、下記の記事を参照してください。[…]

【実践データ】リアル統計 – 【TitanFXスタンダード口座専用】White Bear Z USDJPY

当実験室のフォワード成績は、トレーダーズプロで無料で使用できるEAをTitanFXスタンダード口座にて稼働させた実際の結果(リアルフォワード)です。EAの設定は、すべてデフォルト設定で稼働させてます。 

 


知っていましたか?今、絶好調のSwallowを。EUR/USDの通貨ペアなので、海外口座でもスプレッドの影響を受けにくく、実験室でも稼働から2カ月あまりですが、快進撃を続けています。


Swallowの詳細はこちら

広告
><noscript><img class=

優秀トレーダー&エンジニアの投資ノウハウを今すぐゲット!

GogoJungleは、テクノロジーを用いて人々の投資に関する英知を集積活用し、社会に役立つサービスを創り、運営することに挑戦し続けています。

CTR IMG