【有料版】Scal_USDJPYの真の実力を検証してみた

GogoJungle【ゴゴジャン】で人気のScal_USDJPYに最新バージョン(2018/12/21)がリリースされました。

ゴゴジャン公式フォワードにおいても好調のScal_USDJPY。

今回、Scal_USDJPYに厳しめのバックテストを実施し、国内口座に比べてスプレッドの広い海外口座でも通用する実力があり、今後も期待していいものなのか?バックテスト結果を分析してみることにしました。

広告

Scal_USDJPYの特徴

本EAは、ドル円に特化した、高勝率の24時間稼働型スキャルEAです。

負けたときは大きいですが、勝ち続けます。ほとんど負けません!

何といっても、これほどの人気(購入者:1,781名 2019年1月現在)がありながら、実績を上げ続けているということが一番のセールスポイントかと思います。

 

EAの特徴など、さらに詳しい情報は、下記のページも参考にしてください。


【様々なTP値・LC値で高PFとなる高勝率スキャルEA】

有料版スペック詳細【ゴゴジャン公式】
 

 

Scal_USDJPYに対して厳しめのバックテストを実施

当実験室では、海外FX口座(TitanFXスタンダード口座)を用いてEAを稼働(フォワード計測)しているため、通常のバックテストで用いるスプレッドに比べて、極めて厳しい数値を採用しています。

万が一、この厳しい環境下で収益を積み上げられる稀有なEAは、かなり期待していいのではないでしょうか?

スプレッド耐性の低いEAにとっては、相当厳しい環境下でのバックテスト結果となっています。国内FX口座を想定した低いスプレッド(1pips未満)でバックテストを実施するとまったく異なる結果となります。

この点を踏まえた上で、下記のバックテスト結果を参考にしてください。

MT4によるバックテスト結果

 

 

 

バックテスト時スプレッド:1.5Pips

バックテスト期間:2005.01.03 – 2018.12.15(13年11ヶ月)
ヒストリカルデータ:DUKASCOPY(デューカスコピー)

 

損益合計:3679.1pips
プロフィットファクター:1.83
最大ドローダウン:1165pips
総取引回数:1965回
平均利益:7.14pips
平均損失:-112.29pips
最大利益:10pips
最大損失:-200pips
勝率:96.64%
月平均損益:37.35pips

 

スプレッドが1.5pipsの厳しい条件下において、プロフィットファクターが1.83は、すごいですね。

これだけ売れている人気の理由も納得です。

続いてQuant Analyzerで詳しく見ていきたいと思います。

 

Quant Analyzerによる詳細な分析

MT4で実施したバックテストをQuant Analyzerを用い、より詳細に分析した結果を見ていきます。

年度毎の収益

 

 

2005年以外はすべての期間でプラスになっています。(13勝1敗)

安定感もハンパないですね!

曜日毎の分析

続いて、曜日毎の成績を確認していきます。

 

月曜日はエントリーしない仕様ですが、エントリーする火曜日~土曜日のすべてにおいてプラス収支です。

 

エントリー時間帯別の分析

続いて、エントリーの時間帯毎の成績を確認していきます。

 

 

一部の時間帯でややマイナスとなっていますが、気にするほどの苦手ということではなさそうですね。

 

これだけスプレッドの厳しい条件でも、プロフィットファクターが1.83。

さらに曜日・時間帯でも死角は無さそうとなると、自然と期待してしまいますね。

実験室では、引き続き、Scal_USDJPYをフォワードテストにより実力計測を行っています。

興味を持たれた方は、ぜひ下記の実践中のデータもチェックしてみて下さいね。(※実践データは、設定値を変更しているため、バックテストとは挙動が異なっていますので、ご注意ください。ゴゴジャン公式サイトのフォワードが参考になると思います。)

関連記事

Scal_USDJPY統計データバックテストの結果は、下記の記事をご参照ください。[…]

【実践データ】リアル統計 – Scal_USDJPY


【様々なTP値・LC値で高PFとなる高勝率スキャルEA】

有料版スペック詳細【ゴゴジャン公式】


 

 


知っていましたか?今、絶好調のSwallowを。EUR/USDの通貨ペアなので、海外口座でもスプレッドの影響を受けにくく、実験室でも稼働から2カ月あまりですが、快進撃を続けています。


Swallowの詳細はこちら

広告